2015年12月07日

うつと旦那の付き合い

旦那にはうつ歴があります。
もう数年前の話ではありますが(´・_・`)

原因は、仕事によるストレスだったようですが…。
もしかしたら…。私がこんな人間だからこそ、
ちゃんとサポートしてあげられなかったから、
そんな状況になってしまったのかなと思う時もありますorz

その旦那、今でもストレスや疲れが溜まると、
時々仕事を休んでしまいます。
最近も時々行けなくなっていて…
あの手この手で励ますこともあるのですが
辛い状況を改善してあげられるようなことは
何もしてあげられない自分に
不甲斐なさを感じます。

今日も朝から辛そうでしたが
何とか行ってくれてホッとしました。
無理なく程よく休みつつ、
気長にこの病と闘ってほしいなと思います💦
posted by りこ at 08:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 旦那のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月07日

旦那育てて、育児を楽に!

結婚生活ブログ

以前、こちらにも書いたけれど、

旦那は家事を手伝うという感じではない。


家事は旦那でも当然「するもの」という考えの旦那。

このスタンスは、結婚する前から変わらないグッド(上向き矢印)



それでもさすがに最近は、

「こんなによくやっている旦那はいない」だとか、

「ちょっとやらなすぎじゃないの?」と

文句を言うようになってきてしまったが・・・たらーっ(汗)




今日、何気なくテレビの育児番組「すくすく」を

見ていたら、父親の育児参加の特集をやっていた。

普通なら、「こんなに色々してくれる人がいるんだ〜」と

感動するような映像なのだろうが、

うちではどれもこれも当たり前すぎて、

もしかしてうちの旦那って、

いい父親のほうなんじゃないかと思えてきたぴかぴか(新しい)



とりあえず、思ったときが吉日。

子どもと一緒にお風呂から出てきた旦那に、

「やっぱりあなたっていい旦那&父親だよね〜るんるん

と言ってみた。



いつもやってくれていることを、改めて

認めたりねぎらったりすることって、

照れくさいし、なかなか出来ないことだけど、

褒められて悪い気がする人はいないし、

褒められることでまた、他のやる気にも

繋がっていくと思う。



育児に負担を感じている方、

子育ての延長だと思って、ぜひ旦那を育ててみましょうひらめき


訪問された方は、クリックexclamation×2
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
結婚生活ブログ

主婦日記ブログ

結婚ブログ 
posted by りこ at 23:38| Comment(4) | TrackBack(0) | 旦那のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月21日

若ハゲ気味の旦那。髪の毛を死守するための育毛剤シャンプー選び

30代になってくると、気になるのが髪の毛。
うちではすでに対策を始めています。

行き付けの美容院で、担当の男の方に聞いたのですが、
髪の毛が抜け始めてから何らかの対策をしても、
時すでに遅し!!らしいです。

なので、まだ髪の毛がある方は、早いうちの頭皮脂チェッカー スキンチェッカーが重要になってくるみたいです。

特に遺伝はかなり濃いみたいなので、お舅さん、義祖父さんが
ハゲている場合は、特に注意!!
旦那さんの頭皮、チェックしてみてください。
意外に薄くなってきているかもしれません・・・。

うちで使っているのはこのシリーズと、



これです。


お風呂あがり、スーッとして気持ちいいみたいです(^^)
もうすぐ父の日だし、
プレゼントにも良いかもしれないですね・・・。

うちも、1年に1回なので、お値段の張る
育毛剤をプレゼントする予定です。


↓訪問された方は、クリックexclamation×2
結婚生活ブログ
主婦日記ブログ

posted by りこ at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 旦那のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月13日

夫婦仲が良くなるために、亭主改造計画!

うちの旦那は、家事も育児も手伝ってくれるけれど、
男として、しっかりすべきところが
出来ていないような気がする。

家庭を持つと、男は、
「自分が支えていかなくては!引っ張っていかなくては!」
と思わなくてはならない(思ってもらいたい)はずなのだが、
旦那には、それが欠けている。
(自分でも認めているのに治らないのだから、重症)

ことあるごとに、妻を頼りたがる。
旦那がすべき大事な決断も、妻任せ。
旦那に任された重要な事柄からも逃げて、
尻拭いは妻がする。

こんな結婚生活でいいはずがない・・・。
離婚は避けたいので、
亭主を改造するしかないと決意。

旦那を教育すること、改造することは、
子供よりも大変だと思うけれど、
根気よくやることが大事。

要は、男はいつまでたっても子どもだということ。
大きい子どものつもりで、アメとむちを
使い分けるのが大切。

いつも応援ありがとうございます。
宜しければクリックをお願い致します↓exclamation×2
結婚生活ブログ
主婦日記ブログ


posted by りこ at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 旦那のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月01日

趣味に生きる夫と家庭的な夫、理想の旦那像とは…?

あなたの夫は仕事・趣味派ですか、それとも家庭派ですか?

仕事・趣味に生きる夫と、家庭を重んじる夫。
この二つは相反するもので、中くらいという加減は
かなり困難である。

結婚生活を送る中で、喧嘩の原因になったり、
価値観の相違で悩むケースも多いのではないだろうか。

りこの父親は、前者であった。
家族を犠牲にしても、趣味に生きている。
りこは、父親、夫とは
そういうものだと思って生きてきたのだ。

父親に関しては、自分を振り向いてほしいと、
ひたすら努力してきた苦い記憶が強い。

かたや旦那は、後者人間。
父親の愛情に飢えていたりこに、
家庭の温かさを教えてくれた人だ。

普段は別々の方を向いていても、
何かがあれば家族が家族の方を向く。
それが理想の家族ではないかと思う。

人生において、趣味を
持つことは大事だと思いますが、
家族がいてこその趣味だという意識をもち、
家庭を時々は省みること。

熟年離婚が増え、憲法改正でさらに
離婚率が増加するであろうことを考えると、
侮れない問題である。

あなた又はあなたの夫はどうですか?

↓訪問された方は、クリックexclamation×2
結婚生活ブログ
主婦日記ブログ
posted by りこ at 08:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 旦那のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月04日

旦那が熱で早退…どうする??

昨日…、仕事へ行ったはずの旦那は、
具合が悪く、早退して帰ってきた(らしい)病院

何故、「らしい」かって??
帰ってきたのはここではなく、旦那の実家なのだ。

インフルエンザが流行し、
学級閉鎖が起こっているような季節…モバQ

もし旦那がインフルエンザだった
子どもも私も移ってしまうではないか!!

早退することになり、とりあえず自宅より近い、
旦那の実家に寄り、
少し休んでから帰るつもりだった旦那。

「ちょっと休んでいくつもりなんだけど…」
という電話をしてきた旦那に、

「子どもが騒いだら、ゆっくり休めないし、
悪化したら大変だもんね。
実家で静養して、泊まってきたら??」

という、優しい言葉をかけたりこるんるん

悪意?
言葉は、使いようによっては
感謝されるもんなんですよ揺れるハート

結局、熱もなく、インフルエンザでは
なかったらしい旦那。
ホッとして、「(私達に移る病気じゃなくって)よかったね〜」
と、帰宅した旦那をねぎらう、りこであった。

↓訪問された方は、クリックお願いします
結婚生活ブログ
主婦日記ブログ
posted by りこ at 00:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 旦那のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月18日

家計を管理するのは妻がいい?&旦那の小遣いが少ない理由とは?その3

我が家の旦那のお小遣いは、食費含めて一万円ふくろ
その話の完結編です。
初めから読みたい方はこちらから

第3の理由は、金銭感覚を養うためです。

我が家は、決して稼ぎがいいほうではありません。
また、旦那は月に自分の給料がどのくらい
入って来るかは知っていても、
何にどのくらいかかるのか、どのような配分で
使われているか、余り感知していませんダッシュ(走り出すさま)

給料前で家計がピンチでも、
平気で「○○買いたい〜」と、理解不能なアホ発言を
してきます。

image.jpg

自分の持っている金額が一万円しかなければ、
いかにしてやりくりしないといけないか、
分かるのでは?と思うのですあせあせ(飛び散る汗)

また、元の金額は少ないけれど、
残業を頑張ったりして給料が多い月は
多少(○千円単位)お小遣いをアップさせたり、
臨時ボーナスを出したりしているので、
その点で意欲を出すという狙いもあります手(グー)



そんな最近の旦那は、どうにかしてお小遣いを
増やしたいという気持ちが芽生えているらしく…、
株や投資、外貨預金などにも興味を
持ち出しているようです。

もし、旦那が投資で成功したら??
もちろんおこぼれを期待しますけどね(^^)

↓訪問された方、クリックお願いしますexclamation×2
結婚生活ブログ
主婦日記ブログ
posted by りこ at 00:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 旦那のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月14日

家計を管理するのは妻がいい?&旦那の小遣いが少ない理由とは?その2

昨日の記事の続きです。
昨日の記事を読まれていない方は、
是非そちらもお読みください。
昨日の記事はこちら

2つめの理由は、夫が家庭を大事にするためです。

旦那さんのお小遣いは、人にもよりますが、
比較的、自分の遊び代、つまり娯楽費として
使われています。(付き合いなどもありますが…)

そのため、(その娯楽の内容にもよりますが)
家族と過ごす時間が削られる結果となりますよね。

余計なお金がなければ、余計な遊びに
費やす時間もなく、
家族で過ごすことを楽しんでくれる
旦那となるのではないか?

image.jpg

結婚直後のその読みは、現在のところ
当たっているようです。

お金が貯まる家計の仕組み [ 林総 ]

誤解のないように言っておきますが、

鬼嫁といっても、旦那の良きパートナー&
あげまん嫁でありたいので、
付き合いなどで必要な時には、
必要な額を必ず渡しています。

欲しいものについても、一緒に検討し、
必要なものは買っていますカバン

要は、旦那個人だけが中身を知っている
お金の金額を、減らしているということです。

続きはまた後日手(チョキ)
↓ご訪問された方、クリックお願いしますexclamation×2
結婚生活ブログ
主婦日記ブログ
posted by りこ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旦那のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月13日

家計を管理するのは妻がいい?&旦那の小遣いが少ない理由とは?

子どもの積み立てからローン返済、
公共料金の支払い、食費、日用品代などなど、
家計の管理は全てりこが行っている。

そして、旦那には、ほとんどお小遣いを渡していない。
仕事の際の食費を含めて、1万円。
食費を抜いた金額で言えば、2〜3千円という
ところだろうか。

鬼嫁だ・・・と思った方もいるかもしれないが、
これには旦那の為になる、ちゃんとした理由があるのだ。

まず、うちの旦那は「お金の管理が苦手」なのである有料
沢山持っていると、「こんなにあるのかぁ〜」と勘違いし、
余計なものを買ったり、使いすぎてしまう傾向がある。

image.jpg

旦那は一人暮らしをしていた独身時代、
今より自由になるお金は多かったのに、
ほとんど貯金をすることが出来なかったたらーっ(汗)

1年で150万円貯める家計管理術

自他ともに、旦那が家計の管理をするのは
無理だ…と認める状態。
そんな訳で結婚当初からりこが全面的に
家計管理、つまり財布の紐を握ることになったふくろ



他の理由については、また後日!

↓↓いつも応援ありがとうございます。
宜しければクリックをお願いします。
他のブログも見てみる
主婦日記ブログ
posted by りこ at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 旦那のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月12日

旦那は家事を「手伝う」のか?

旦那は、結婚当初から家事が上手である。

よく、男が家事を手伝う、という言い方をするが、
旦那にとって、その表現字体がおかしいらしい。

できる男は家事も上手い! [ 中高年の暮らし向上委員会 ]

手伝うということは、本来は女(妻)がするもの、という
偏見が含まれているような気がする、とのこと。
この言い方では、男(旦那)はあくまで「手伝い」に過ぎなくなる。

なので、我が家では、「家事を手伝う」という言い方はしない。
家事は旦那だろうと妻だろうと、「する」もののはずだから。

image.jpg

今日の夕飯は、旦那がロール白菜を作ってくれた。
少々胡椒が効き過ぎていたが・・・そこはご愛嬌。
してくれたということのほうが、大事なこと。

旦那がしてくれたことに、感謝の気持ちを持つ。
作ってくれた料理は、美味しいと言う。
そんな簡単で大切なことを心がける妻でありたい。



いつも応援ありがとうございます。
応援する(ここをクリック)
↓↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by りこ at 01:41| Comment(0) | TrackBack(1) | 旦那のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする