2016年05月23日

ADHDの病院へ行ってきました(2回目・心理検査) 1話

先日、ADHDの2回目の診察に行ってきました。

初診では先生と長い時間話をするのに対して、
今回は心理士さんとの検査とのこと。

ですので、病院の心理士さんと相談し、
予約の時間を決めました。
今話題になっているだけあって?混んでいるようで、
すんなりとは決まらず…(>_<)
結局、初診も2日目も1ヶ月待ちました(T_T)

ADHDの薬物療法と心理社会的治療

宿題になっていた書類は
初診から帰ってきた後に
少し書いておいたものの…
結局、いつかやろうと思いながら
延ばし延ばしにしてしまいorz
書いたのは当日の朝、行く前(ーー;)

それでも思いつかないところは
最終的に車の中で信号待ち中に記載したり(ーー;)
(真似してはいけません!)

ADHDらしさを裏切らないこの性格が
何とも痛いです💦

数分ちょっと遅れて到着(>_<)
受付に書類を提出し、
はじめに心療内科の先生の診察を
受けることになりました。

続きは次回!

いつも応援ありがとうございます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ


発達障害ランキングへ
posted by りこ at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ADD、ADHDのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月20日

ADHDの私が、幼い頃から抱いた夢の職業と、現実…

今日は久しぶりに仕事が休みで、
予定もない日。
この日を待ってました!とばかりに
溜まった家事をこなしながら…、
合間にネットサーフィンをしていたら、
ふと、こんな記事に目が止まった。

「子どもの頃に就きたかった仕事アンケート」

子どもの頃の夢だった仕事に就けている割合は22%と、5人に1人が子どもの頃の夢を叶えていることが、ディップが運営する女性の求人・転職サイト「はたらこindex」が実施したアンケート調査により明らかになった。

 アンケート「子どもの頃に就きたかった仕事」は、はたらこindexがインターネットユーザーを対象に2015年11月1日〜2016年2月10日に実施したもの。男性38人、女性62人の計100人の有効回答を得ている。

 アンケートによると、「子どもの頃に就きたかった仕事に就いた」が9%、「子どもの頃に就きたかった仕事に関連する仕事に就いた」が13%となり、22%が子どもの頃の夢を叶えているという結果に。全体的には、子どもの頃に就きたかった仕事に就けなかったという人が大多数を占める結果となったが、約5人に1人が子どもの頃の夢を叶えており、希望がもてる結果となった。

 また、「子どもの頃に就きたかった仕事を現在趣味にしている」人は全体の17%となり、仕事にはできなかったが趣味で楽しんでいるという声が多くあがった。中には、「仕事にするには障害が多く、趣味でちょうどよかった」「仕事にするより趣味でしていた方が楽しめる」といった意見もあがった。

 子どもの頃に就きたかった職業について聞いたところ、女性は1位「マンガ家」11%、同率1位「教師・保育士」11%、3位「ケーキ屋」6%という結果に。男性では1位「スポーツ選手」21%、2位「パイロット」8%、同率2位「医師」8%、同率2位「政治家」8%だった。子どもの頃に好きだったもの、憧れたものを仕事にしたいと思っていた傾向が見られる結果となった。

リセマムより引用


私は幼稚園の頃から色々コロコロと
夢は変わったけど、
幼稚園、小学生、中学生、高校生と、
一番長い期間に渡って、
なりたかった職業に就いた。

けどね、憧れの仕事には盲目になり
嫌な部分が見えない側面がある。
憧れの人と結婚した後、
こんなはずじゃなかったと思うのと
一緒かも。
適性だって必ずしも合っているとは
限らない。
恋愛で言えば、性格の不一致?

夢を叶えた時は幸せだったけど、
それが最高潮で…
結局、私の憧れていた職業を続けた期間は、
とてもとても短いものでした。

恋愛もそうだけど、あまりそこに憧れや
強い思いを持ちすぎない方が
冷静に見極められて続くのかもしれないと
思ったりします。

なりたい職業、この中にありますか?
「なりたい!」が見つかる将来の夢さがし!職業ガイド234種

いつも応援ありがとうございます。
まだまだ夢を持ちたいと思う私に
宜しければクリックをお願い致します。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ


発達障害ランキングへ
posted by りこ at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月19日

大人のADHDには、2パターンあるそうです。

今日何気なくYahoo!ニュースを見ていたら、
ADHDについての記事が出ていました。

大人のADHDというのは、大人になってからADHDだったと
わかった人だと思っていましたが、
大人になってからADHDを発症した人も含まれているんですね。
それこそ、鬱との違いが分かりづらいような気がしますね。

image.jpg

【AFP=時事】注意欠陥多動性障害(ADHD)は、子どもに影響する障害と広く考えられているが、一部の患者は、大人になってから初めてADHDを発症する可能性もあるとの研究結果が18日、発表された。

 米国医師会(AMA)の精神医学専門誌「JAMAサイキアトリー(JAMA Psychiatry)」に発表された、英国とブラジルのそれぞれの研究チームによる独立した2件の研究論文によると、子どもの時にADHDと診断されなかったにもかかわらず、若年成人になって初めてADHDと診断されるケースが多いため、遅発型のADHD自体が独自の疾患である可能性があることが示唆されるという。

 成人がADHDと診断される場合、注意欠如、活動過剰、衝動的行動などの症状が、子どもでみられるよりも重くなることが多く、交通事故や犯罪行動などの増加を伴う傾向がみられると、研究チームは指摘している。ADHDは、成人の約4%でみられると考えられている。

 ADHDは、12歳未満の子どもに、通常の活動や発達に支障を来す不注意または衝動的な行動が6種類以上、6か月連続でみられる場合に診断すると定義されている。

 英ロンドン大学キングスカレッジ(King's College London)などの研究チームが、2000組以上の双子を対象に実施した調査では、合計166人が成人期ADHDと診断されたが、その内の68%は「小児期にはどの検査でもADHDの基準を満たしていなかった」ことが分かった。

 この調査では、5歳、7歳、10歳、12歳でそれぞれ収集した母親と教師からの報告に基づいて、子ども時代のADHDを判定した。

 調査の時点で18〜19歳の成人では、自身の症状や行動について被験者と話し合う面談を基に診断を下した。

 調査の結果、成人では、子ども時代から続く「持続性のADHDは少数派」であることを研究チームは発見した。

 恐らく、小児期発症型と遅発型の成人期ADHDは、それぞれ異なる原因で発症すると思われ、このことは「ADHDの遺伝子的な研究や治療に示唆を与える」と、研究論文は説明している。


■2つの症候群

 研究ではまた、双子のデータの分析から、成人期ADHDが、小児期ADHDに比べて遺伝的要因の可能性が低いことと、発症率が男女でほぼ等しいことも分かった。一般的に、小児期ADHDは、男児の方が発症率がはるかに高い。

 さらに、英国の研究チームは「遅発型のADHD患者は、不安神経症やうつ病、マリフアナやアルコールの依存症などの罹患(りかん)率が高いことが、今回の調査で明らかになった」と付け加えている。

 ブラジルの研究チームが1993年に開始した5000人以上を対象とする追跡調査では、子どもの時にADHDと診断された成人の患者の割合は12%で、また成人しても引き続き障害が見られた子どものADHD患者は17%と、ともに非常に少数であることが分かった。

 この結果は「発症経路が明確に異なる2つの症候群の存在」を示唆していると研究は指摘。また、遅発型のADHDと診断された患者では「重度の症状、機能障害や他の精神疾患」を示していたことにも触れた。

 成人期ADHDの原因の解明、さらには小児期ADHDとは別の疾患であるとの判定には、より多くの研究が必要となる。【翻訳編集】 AFPBB News
Yahooニュースより引用


コメント欄にも、自分もADHDかもと心配している方々もいました。
私もADHDについて調べていた時に、
自分が今までなぜ人と同じようにできないのかが
気にかかり、思い切って病院に行きました。

現在、クラスの10人に1人はADHDだと言われています。
もし気がかりなことがあるなら、念のため医師の診断を
受けてみるといいと思います。

私は現在、結果待ちで…
どんな診断が下されるのか不安でいっぱいですが
自分のことがわかることでいっぽ前に進めたとしたら
それでよしとしようと思います。
前向きにとらえて、頑張っていくつもりです。

今日も明日への希望を…
一つだけクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ


発達障害ランキングへ
posted by りこ at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ADD、ADHDのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月16日

器用?不器用??運動とADHDの関係とは?

今日は久しぶりに友達と運動へ。

ADHDの人は飽きっぽいと言うけれど、
私もまさにその通りで、
部活においても、同じものが長続きしません。

ですから、当然小学校でやっていた運動と
中学校でやっていた部活、
高校でやっていた部活、大学でのサークル…
全部別のもので、全く共通点がありません(ーー;)

いろいろなことをやってみたいという
気持ちが強くても、
それを極めようとか続けようとか
そういう気がないというか。

よく言えば、好奇心が強いのかなと思いますね。
きっといろんなことをやってみたいんでしょうね。

image.jpg

ADHDさんは不器用さんが多いといいますけど
私もあまり器用な方ではないので…、
その運動を少しやっていた経験者であることで、
初心者であるみんなとだいたい同レベルで楽しめるので
そういう意味ではいろんなスポーツやら
趣味やらをちょこちょこと
やっていてよかったなと思います。

髪の毛が日焼けすると白髪がふえるので、
私はこれを使って防いでいます^ ^



LD児・ADHD児が蘇る身体運動

久しぶりにその運動をやりましたが
楽しかったです。
またやりたいなぁ〜^o^

私も不器用です(ーー;)という方、
器用ですよ^_^という方、
一つだけクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ


発達障害ランキングへ
posted by りこ at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ADD、ADHDのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月14日

ADHDの我が家にやってきたアイドルとは?

突然ですが💦

生き物がいなかった我が家に
突然、新しいアイドルがやってきて💗
それはもう、大騒動だったわけです😅

ADHD特有の、忘れっぽさ。
面倒臭がりなところ。
…今から餌やりを忘れないか
掃除が嫌にならないか心配です💦

しかしまあ、ずっと見ているだけで
可愛くて癒されますね😌
いやもう、見ていることしかできないので
ひたすら見ているのですが👀
時間を忘れます…💬
うん、やっぱり生き物は飼うべきですね💕

我が家にやってきたのは…金魚でした🐟
散財叩いて金魚セットを購入したので、
長生きして欲しいですわ〜😭

買ったものはコレ。お買い得でした^o^


よく食べてくれるし、
水が汚れないのが良いです


今日もあなたのクリックが
私のやる気につながります。
1つクリック☝️お願い出来たら嬉しいです✨
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ


発達障害ランキングへ
posted by りこ at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月13日

舛添不要一ゲス都知事の実際はDV、愛人、隠し子…(-。-;

昼間から、舛添都知事の記者会見を見ています。

見ていて、とにかく言い訳が苦しいなと。
もう見るのも嫌になってきたけれど
正しい情報を知りたいと言う気持ちもあり。

だいたい私的な旅行で会議するわけないし。
家族利用の天ぷら屋さんで領収書をもらうとか。
わざととしか思えず、ミスなわけないじゃんと
思うことばかりで。
ケチだし、汚いし。会計責任者さんも可哀想。

そもそも移動にファーストクラスなんかいらないし。
何様だと思ってるんだろ。

前妻片山さつき議員とは、DVで離婚だって。
隠し子やら愛人やら…ゲス都知事だったのね。

舛添要一↓


片山さつきさん↓



 舛添氏の最初の結婚は1978年、相手はフランス人女性だった。出会いは、舛添氏が東大法学部政治学科を卒業後、パリ大学研究所やジュネーブ高等国際問題研究所の研究員を歴任したヨーロッパ留学中のことだった。帰国後の1979年、舛添氏は31歳の若さで東大教養学部の助教授に就任。だが、プライベートも順風満帆とはいかず、1981年に破局を迎えている。

 1986年に再婚した相手はというと、いまや政治家として全国区の知名度がある片山さつき・参院議員だ。片山氏は大蔵省(現・財務省)入省後、フランス国立行政学院に留学。帰国後の27歳の時、東大助教授の舛添氏とお見合い結婚した。結婚当時は“ミス大蔵省”との呼び声も高く、後に女性初の主計官も務めた。そんな片山氏は結婚生活について、最近のインタビューでこう振り返っている。

<舛添さんと結婚したことがそもそも間違いであったと思います。愛のない結婚をしてはいけないということ。私の人生における大変大きな間違いだった>(『婦人公論』2013年2月22日号)

 そう振り返る結婚生活はわずか2年3か月で終わりを告げる。離婚の理由を片山氏はこう打ち明けている。

<慌しく始まった結婚生活でしたが、「平穏」だったのは最初の数週間だけ。「遅く帰ってきやがって!」突然、彼は怒鳴り始めたんです>(『週刊新潮』2010年5月6・13日号)

 一旦怒り始めると、舛添氏は怒鳴る、手当たり次第にモノを投げつける、そして、ある時にはいくつものサバイバルナイフを片山氏の目の前にズラーッと並べたこともあったという。

<彼は、ナイフの収集が趣味だったんです。しかも、そのうちの一つの刃先を私に向けたことまであります。(中略)結局、結婚から3か月ほどで、弁護士に離婚を相談しました。すると、弁護士の調査で彼には愛人が、そして彼女が妊娠中であることも分かった>(同前)
 
その「妊娠中の愛人」を仮にA子さんとしよう。A子さんが東大の学生だった時、舛添氏が指導教官という立場で知り合った。すぐに「もう妻(片山氏)とは別れるから」と舛添氏がA子さんに猛アプローチ。押されるまま付き合い始めたA子さんは1988年、男児を出産した。A子さんの知人が当時の状況を振り返る。

「A子さんの存在を知って激怒した片山さんが、バッグに包丁を忍ばせてA子さんと舛添氏がいた部屋に怒鳴り込んできたことがありました。真っ先に部屋を飛び出した舛添氏が逃げ込んだ先は、もうひとりの愛人B子さんの部屋だったそうです」

 A子さんの子供を舛添氏が認知したのは1990年。認知するまでの2年間に、B子さんが女児を出産、さらに同時期に他に2人の女性とも交際していたことがわかったという。目まぐるしい女性遍歴の末、舛添氏が15歳年下の現在の夫人である雅美さんと再々婚したのは1996年だ。

 なお、その前年にB子さんは2人目の女児を出産した。もちろん父親は舛添氏。その後、雅美夫人との間には、2000年に長女、2003年に長男が生まれている。振り返ると、結婚は3回、離婚は2回。2人の愛人が産んで認知した子3人と、雅美夫人との間の子2人を合わせると、舛添氏には計5人の子供がいることになる。

※週刊ポスト2014年1月24日号

都民だけでなく、日本の首都の知事がこんな人間では
恥ずかしいだけ。
国民全員で立ち上がらなきゃだめだね。

ワンクリックで励まされます。
1つだけ、よろしくお願いします。ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ


発達障害ランキングへ
posted by りこ at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月11日

ADHDの病院へ行ってきました(初診) 4話

ADHDの専門病院での初診のお話の続きです。

前回の記事はコチラ
前々回の記事はコチラ
その前の記事はコチラ

初診については…最終回です。
引っ張りすぎでしょうか💦

でも、自分がADHDなんじゃないかと
悩んでいる人たちにとっては、
ADHDの専門病院って
どんなことやるんだろう?
どんな感じなんだろう?ということが
すごく心配で、気になって、
調べているんじゃないかなと思い、
あえてゆっくり丁寧に書くことが
大事なのかなと思って書いている次第です。
ご理解いただけたら幸いです。

さてお会計の時に、次回、心理士との面接に
ついての話がありました。
さらに検査表のような紙をいただき、
次回までに書いてくるようにという
指示がありました。

中を見てみると、
すぐには書ききれないような感じで…
とりあえず次の予約の日まで
1ヵ月ほどありましたので、
(やはり混んでいるようで
すぐには予約がとれないようです。)
時間のある時に後で書こうと決意?し、
帰宅しました。

なんとなくですが、
30分も話を聞いてもらったことで
気が済んだのか?、
終わった後はなんとなく充実感に
包まれていたように思います。

まあ、現実何も変わらないんですけどね💦
予約から診察まで長かったので、
ようやく始まったことに対する安堵感も
あったのかなと思います。

次の心理士面談はかなり長いとのことで
大変そうです。

今日も1クリックで元気が出ます。
どれか、1つよろしくお願い致します。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ


発達障害ランキングへ
posted by りこ at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ADD、ADHDのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする