2012年12月18日

維新の会と太陽の党がくっついたメリットは誰にあったのか?

2012年12月16日、自民党が大勝した総選挙が終わった。
この選挙、実は一票の格差が解決してない中で強行された選挙だったから、
もしかしたら無効とか、何らかの請求がなされる可能性があるんだってね。

真の民主主義国家は「一人一票」で誕生する

結局、嘘つきだった民主に入れることも、
今までダメな日本を作ってきてしまった自民に入れるのもためらい、
第三極を検討したのだけど・・・

だいたいさ、維新の会から東国原英夫さんと石原慎太郎さんがでてるってさ、
いくら国難ったっておかしな話よね。

つい何年か前に都知事選でライバルとして戦ってたじゃん??

黒い都知事石原慎太郎

そして維新の会ね。
みんなの党も人気があって、政策も似ているから、
ここがくっつけばもっと議席取れたんじゃないかしら??

太陽の党ってさ、たちあがれ日本とかいう、おっさんばかりの政党が母体で、
そもそも石原慎太郎以外の人たち、全然人気なかったもんね。

橋下徹さん、けっこう期待してたんだけどね。
結果的に石原慎太郎爺さんの執念に利用されちゃった感じよね。
みんなの党とくっついてたほうが良かったんじゃないの〜?

日本の選択 あなたはどちらを選びますか? 先送りできない日本

空中分解するXデーは次の参院選??
もっと早いかな??
posted by りこ at 01:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする